むやみに与えてはダメ!愛犬におやつをあげるタイミングとあげ方

近年、私たち人間を悩ませる病気と言えば、「生活習慣病」。
肥満を筆頭に、食べ過ぎや偏食からくる不調が問題になっています。ガンのような、生命をおびやかす重病ではないですが、あなどるなかれ。様々な病気を誘発してしまう危険性があるのです。
この厄介な生活習慣病、最近は犬も問題になっているのです。
食べ過ぎを防ぐには、どのようにしていけばいいのでしょうか?
そのポイントは「おやつ」にありました!

おやつにおすすめの素材とは?

おやつに理想的な素材は、低カロリーで食べ応えのあるものです。おやつというと、クッキーやガムなどを思い浮かべますよね。クッキーは犬も大好き。
ホロホロと崩れるクッキー、少し固めに作られている、無添加の手作りおやつが理想的です。固いとよく噛みます。
すると、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ予防になるそうです。あと、ウマのアキレスけんもおすすめ。
通常のガムもいいのですが、少し柔らかいとすぐに食べてしまいます。
噛みごたえのある天然素材の方が、健康にも安心できます。

おやつを与えるタイミング

人間がおいしそうなものを食べていると、犬はご飯を食べたにも関わらず食べ物をねだってきます。
このねだり方が可愛いので、ついあげてしまうんですよね。でも、ここは心を鬼にして!食べ物をねだってきても、食事中はあげない。または、「おすわり」「待て」「ふせ」などのコマンドにきちんと従ってから与える。
つまり、人間主導でおやつを与えるということが大切になってきます。
そうすれば、飼い主の言うことを聞かなければおいしいおやつにはありつけない、と学習し、むやみにおやつを与えなくて済みます。

まとめ

おやつをもらうには、飼い主の支持に従わないと。犬がそう学習したなら、しつけは成功です。
人間のコマンドを聞けて、はじめておやつがもらえる。
人間主導でおやつを与えるようにすることで、生活習慣病も予防できるはずです。

愛犬が誤飲した時の対処法

人間の赤ちゃんも、目に入るものすべてを口に入れようとしますよね。
子犬も同じで、食べてはいけないものも食べてしまうことがあるのです。
もし、子犬が誤飲してしまったら、飼い主としてどう対処すべきなのでしょうか?今回は、もしもの時に知っておくと子犬の命を守ることができる、誤飲の対処法をまとめました。

異物が見える場合は・・・

犬がえずいていたり、食欲がなかったりして、呼吸困難に陥っている場合、口の中を見てみましょう。
のどに詰まらせているものが見えれば、犬を動かないように固定させて、口の中に手を入れて異物を取り除きます。
呼吸困難に陥っている場合は、一刻を争います。呼吸の妨げている異物を早く取り除いてあげることが、犬の命を救うことにつながるのです。

経過を見た方が良い場合も・・・

食べてはいけないものですが、毒性がそれほど強くないものを誤飲してしまった場合は、慌てずに経過を観察した方が良い場合もあります。
例えば、おせんべいなどに入っている乾燥剤やゴキブリ団子などを少し食べてしまったときは、異常がないか様子を見ましょう。何事もない場合もあります。
また、小さな紙などの場合も、後になってウンチと一緒に出てくる場合もあるそうです。

異物が鋭利なものの場合は・・・

つまようじなど、先のとがったものを誤飲してしまった場合は、むやみに取り除こうとすると、器官を傷つけてしまう場合があります。先のとがったものの場合は、一刻も早く動物病院に運びましょう。
無理に吐かせて取り除こうとすることはご法度。プロに取り除いてもらいましょう。

まとめ

異物を誤飲してしまったことがわかったら、一番いいのは一刻も早く動物病院に運び、獣医さんに対処してもらうことです。ですから、犬を飼い始める前に、家の近くに動物病院があるかどうか、一番近い動物病院はどこかなど、チェックしておくと安心です。

ドッグフードや犬のしつけ情報まとめ!