wpmaster のすべての投稿

シニア用のドッグフードが良くない理由

人間が年を取るように共に生きてきた愛犬もお年寄りになります。耳が遠くなったり、歩き方も頼りなくなりますし、反応も鈍くなります。体全体の機能が衰えていきます。それぞれの犬の年齢に合わせて管理をしないといけません。それには食事管理も含みます。

・シニア犬の食事回数
食事の回数は大人の犬の場合なら1日に2食が基本になりますが、高齢の犬の場合には飲み込む力も消化、吸収する力も弱くなるので、食事は少量を数回に分けて与えるようにしましょう。
とはいえ、ずっと与えっぱなしでは消化器官も疲れてしまうので、胃腸を休ませる時間を作ってあげないといけません。

・お年寄りの犬に適しているドッグフードとは
高齢の犬にとって必要になるドッグフードは材料の中に筋肉や内臓、血液を作るための動物性のたんぱく質が豊富に入っている事。そして消化の良くない穀物類や人口の添加物が配合されていないものです。

また、免疫力向上に貢献してくれるオメガ3脂肪酸を含んでいる油脂や、機能が落ちていく関節の事を考えてコンドロイチンやグルコサミンが入っている事も大事な点であると言えるでしょう。 

間違えてはいけないのは老犬には低タンパク質でヘルシーなのがいい、という認識です。例えばシニア用のドッグフードなどもありますが、あのようなドッグフードは肉類などの動物性のたんぱく質を少なくして穀物を多くしたものです。
人間の感覚で言えば年を取ったのだから肉の摂取量をヘルシーにするというと、正しいように感じます。しかし、犬は人間ではありません。穀物を主な原料にしているシニア用のドッグフードでは高齢犬にとってはタンパク質が不足します。

動物性のたんぱく質が足りなくなると、筋肉が落ちてきます。中でも後ろ足が弱ります。これでは寝たきり状態になる事が心配されます。
ここで考えてみたください。野生で生きている動物が老化により寝たきりになる事があるでしょうか。普通はありません。それなのに、飼い犬は寝たきりになる事があります。実は原因は飼い主が与えているドッグフードにあるのです。
逆に寝たきりになってしまった犬に対して肉を与えるようにすると、なんと、回復するというケースも報告されています。

・まとめ
愛犬はいつも身近にいて、それこそ自分の子供ようにかわいがる人もいます。でも、気を付けたいのは犬はあくまでも犬です。人間ではありません。食事の事1つとっても人間とは違うのです。

それをはき違えて人間のものさしで犬の健康管理をしていると悲劇が起きます。愛犬は家族ですが、人間ではない。この事をしっかりと認識して食事管理もしてあげましょう。

フードジプシーからの脱却!我が家がカナガンを選んだ理由

うちのプードルたちは食のより好みが激しく、迎えてからずっと様々なフードを試していました。
気に入らないものはニオイを嗅いで見向きもしなくなる。
気に入って食べたとしても数日でまた見向きもしなくなり長く続いたフードでも1キロを食べきることはなく、我が家では長年フードジプシーが続いていていました。

今食べているフードもいつ食べなくなるか分からないので、常にフードを検索しては一番少ないサイズを購入してみる日々。
かといってフードならなんでも良いわけではなく飼い主なりに選ぶ条件もあり、そろそろネタ切れになってしまう…と焦っていた頃、トリマーさんが自分の家のコにあげているというカナガンに出会いました。
私がフードを探す中で条件にしていたことがグレインフリー(穀物不使用)であること。
手作り食を試した時期に、食後に戻してしまうことがあり具材の中から1種類ずつ抜いて試した結果、どうも穀類の消化が苦手なようでした。
ですからグレインフリーであるカナガンは我が家の条件にピッタリでした。

次に決め手になったのがグルコサミン、コンドロイチン配合であること。
うちのコはプードルであるがゆえ、膝蓋骨脱臼の心配が常についてまわり、関節サポートは嬉しい要素です。
1頭は現在パテラのグレード1、もう1頭はグレード2でこれ以上の悪化はしてほしくありません。

運動やサプリ・生活環境だけでなく、食からもサポートできるのは良いことだと思いました。
また、サーモンオイル配合でオメガ3脂肪酸が関節痛を和らげる働きをしてくれるというのも期待しています。

そしてあげてみて驚いたのが食いつき。
今まで食べるフードでもじっくり臭いを嗅いで新しいフードだからなんとなく食べているといった感じでしたが、カナガンに変えてとても嬉しそうに食べるようになりました。

キッチンでフードの袋を開ける音だけで足元に集まってくるほど。
パクパクと食べ1分もしないで完食する姿は思い描いていた犬らしい姿で、迎えてからずっと毎日悩まされていたご飯の問題の解決はとても素晴らしいものです。

カナガンのおかげで生きることの基本である食事が愛犬にとっても私にとってもストレスになっていた日々とお別れすることができました。
カナガンをあげ始めて想定していなかった嬉しい変化もありました。

それは涙やけの改善です。
うちのコは薄いアプリコットとクリームで涙を流す管が細いと獣医から言われていて、元は涙やけで真っ赤になってしまっていました。
目から流れる涙の量が減ったわけではないようで興奮したり寒いときには涙は出ているのですが、以前のように真っ赤にやけるということがなくなっています。

このまま完全に涙やけがなくなってくれるのではないかなと期待しています。
今回の件で参考になったサイトです⇒無添加ドッグフードランキング

偏食の子にピッタリなドッグフード

私は犬を飼っているのですが、ある悩みがありました。
それは偏食という事です。

飼い始めてからというもの、自分の好みの味ではないと口を付けない子だったので、その子に合うドッグフードを探さなければなりませんでした。
でも、なかなか合う物が見つからずどんどんと痩せていってしまったので心配になってしまい掛かり付けの獣医さんに相談することにしました。

その時に勧められたのが、ロイヤルカナンです。
このドッグフードはそれぞれの犬種に合わせて作られているので、入っている成分も違います。
今まではドッグフードの知識があまり無く、犬用のご飯なら何でも良いと勘違いしていました。
そのため、ありとあらゆるドックフードを試し、ご飯の時間に用意するものの口を付けないので何故かな..と心配していたんです。

でも、獣医さんに言われたのは、人間が食べ物の好みがそれぞれ違うように犬も味の好みが全く違うということ。
嫌いな味には手を付けないのは当たり前だという事をご指摘いただきました。

この言葉を聞いて、確かに。と納得しました。

自分の子どもを愛しているなら、栄養のあるご飯を食べさせてあげたいと思うと同じように、ペットにもその子に合うドッグフードを飼い主が見つけてあげなければ、スクスクと成長することは出来ません。
人間と同じくらいペットにも愛情を沢山注ぐ必要があることを、この子に出会ってから学びました。
可愛いだけでは駄目なんですよね。ちゃんと責任を持って育ててあげないといけないんです。
当たり前のようで当たり前のことを忘れていました。

早速、獣医さんのアドバイスに従いロイヤルカナンに変えて食べさせてみました。
はじめは匂いが違う事もあり躊躇してしまったのか、ちょっとずつしか口を付けないくらい臆病になっていたので、これも駄目かな..と心配だったのですが、次の日の朝になっていたらガツガツと食べるようになっていました。
この味を求めていたんだと言わんばかりのガッツリっぷりです。

例えると、空腹で帰宅してきた子どもがご飯を一気に平らげる感じです。
ちゃんと噛んで食べてる?と逆に心配になるほど。
その姿を見て、本当に安心しました。

それからというものの、ロイヤルカナンから変えたことは一度もありません。
ずっとこのドッグフードを愛用し続けています。
今では愛犬も5歳になり、身体も平均より大きめになるまでに成長しました。

今でも噛まないで食べてるんじゃない?っていうくらい、早く平らげてるので長年飽きずに好きな味のようです。

あなたの愛犬も偏食で悩んでおられますか。
そんな悩みを抱えておられる飼い主さんがこの記事を読んでお役に立てていたら幸いです。
是非、ロイヤルカナンを試してみて下さい。

私の愛犬も、ロイヤルカナンのお陰で今日も元気に走り回っています。

お家で愛犬を留守番させる時にやってはいけないことまとめ


仕事をしている方は特にそうですが、犬にお留守番をお願いして家を出なくてはいけない場面は、どうしても出てきてしまいますよね。
日常生活を送る中で、これは致し方のないこと。
ただ、犬をお留守番させるときに、やってはいけないことがあるってご存知でしたか?よかれと思ってやっていたことが、実は犬を不安にさせてしまうようなことだったりするんです。

留守番させるときにやってはいけないこと その1「留守番の合図」

「ちょっと出かけてくるね。」という一言、人間の間でのコミュニケーションとしては、とても大切なことです。
しかし、犬の場合はちょっと違います。
「お留守番するのだ」ということがわかる合図があると、一人になってしまう不安に駆られ、精神的に不安定になり、お留守番の間ずっと鳴いている、またはいたずらをしてしまう、という問題行動に走ってしまうそうなのです。
お留守番の時はおもちゃをあげるなど、「これから一人になってしまう」「飼い主がいなくなってしまう」という合図のようなことは犬にしないようにしましょう。

留守番させるときにやってはけないこと その2「空調を切って出かける」

一番やってはいけないことに、部屋の温度管理をせずに外出してしまうこと。特に暑い夏は要注意です。
犬はそもそも暑さに弱い動物。クーラーで適温と言われる25度~28度に保つようにする必要があります。
また、湿気にも弱いので、梅雨時などはドライモードにするか、除湿器を活用して快適な環境を整えるようにしましょう。

犬がお留守番をするときに起こしてしまう問題行動の多くは、飼い主がいなくなってしまう不安が原因です。
お留守番の時はケージで一休みする。その間に飼い主はそっと外出する。
飼い主の姿が見えなくても不安にならないよう、日ごろからトレーニングを積んでいけば、留守番上手な愛犬に変身してくれることでしょう。

むやみに与えてはダメ!愛犬におやつをあげるタイミングとあげ方

近年、私たち人間を悩ませる病気と言えば、「生活習慣病」。
肥満を筆頭に、食べ過ぎや偏食からくる不調が問題になっています。ガンのような、生命をおびやかす重病ではないですが、あなどるなかれ。様々な病気を誘発してしまう危険性があるのです。
この厄介な生活習慣病、最近は犬も問題になっているのです。
食べ過ぎを防ぐには、どのようにしていけばいいのでしょうか?
そのポイントは「おやつ」にありました!

おやつにおすすめの素材とは?

おやつに理想的な素材は、低カロリーで食べ応えのあるものです。おやつというと、クッキーやガムなどを思い浮かべますよね。クッキーは犬も大好き。
ホロホロと崩れるクッキー、少し固めに作られている、無添加の手作りおやつが理想的です。固いとよく噛みます。
すると、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ予防になるそうです。あと、ウマのアキレスけんもおすすめ。
通常のガムもいいのですが、少し柔らかいとすぐに食べてしまいます。
噛みごたえのある天然素材の方が、健康にも安心できます。

おやつを与えるタイミング

人間がおいしそうなものを食べていると、犬はご飯を食べたにも関わらず食べ物をねだってきます。
このねだり方が可愛いので、ついあげてしまうんですよね。でも、ここは心を鬼にして!食べ物をねだってきても、食事中はあげない。または、「おすわり」「待て」「ふせ」などのコマンドにきちんと従ってから与える。
つまり、人間主導でおやつを与えるということが大切になってきます。
そうすれば、飼い主の言うことを聞かなければおいしいおやつにはありつけない、と学習し、むやみにおやつを与えなくて済みます。

まとめ

おやつをもらうには、飼い主の支持に従わないと。犬がそう学習したなら、しつけは成功です。
人間のコマンドを聞けて、はじめておやつがもらえる。
人間主導でおやつを与えるようにすることで、生活習慣病も予防できるはずです。

愛犬が誤飲した時の対処法

人間の赤ちゃんも、目に入るものすべてを口に入れようとしますよね。
子犬も同じで、食べてはいけないものも食べてしまうことがあるのです。
もし、子犬が誤飲してしまったら、飼い主としてどう対処すべきなのでしょうか?今回は、もしもの時に知っておくと子犬の命を守ることができる、誤飲の対処法をまとめました。

異物が見える場合は・・・

犬がえずいていたり、食欲がなかったりして、呼吸困難に陥っている場合、口の中を見てみましょう。
のどに詰まらせているものが見えれば、犬を動かないように固定させて、口の中に手を入れて異物を取り除きます。
呼吸困難に陥っている場合は、一刻を争います。呼吸の妨げている異物を早く取り除いてあげることが、犬の命を救うことにつながるのです。

経過を見た方が良い場合も・・・

食べてはいけないものですが、毒性がそれほど強くないものを誤飲してしまった場合は、慌てずに経過を観察した方が良い場合もあります。
例えば、おせんべいなどに入っている乾燥剤やゴキブリ団子などを少し食べてしまったときは、異常がないか様子を見ましょう。何事もない場合もあります。
また、小さな紙などの場合も、後になってウンチと一緒に出てくる場合もあるそうです。

異物が鋭利なものの場合は・・・

つまようじなど、先のとがったものを誤飲してしまった場合は、むやみに取り除こうとすると、器官を傷つけてしまう場合があります。先のとがったものの場合は、一刻も早く動物病院に運びましょう。
無理に吐かせて取り除こうとすることはご法度。プロに取り除いてもらいましょう。

まとめ

異物を誤飲してしまったことがわかったら、一番いいのは一刻も早く動物病院に運び、獣医さんに対処してもらうことです。ですから、犬を飼い始める前に、家の近くに動物病院があるかどうか、一番近い動物病院はどこかなど、チェックしておくと安心です。